Top Page へ     教会案内     牧師室    

新会堂 献堂によせて

  何ものも差し挟まずに かたく神を信じる心が、むしろ 人間同士の 越えがたい距離を つくっている時代に、 私どもは 「神を愛せよ」 という戒めだけでなく、「隣人を愛せよ」、という もう一つの戒めの重みを 受けとめ直さなければなりません。
 私どもは、神を信じる信仰が 深められた姿は、脇目をふらぬ 宗教的信念に 生きる姿としてではなく、 肩を並べて 神の言葉を聞き、共に手を携えて 生きる姿として あらわれると考えます。
 教会は 単に神を礼拝する宮である に とどまらず、お互いが 結ばれて生活する 神の家、共に結ばれて 神を呼ぶ 神の祈りの家 です。
 ですから 礼拝堂は、会衆が 神の言葉の場である 説教卓 と 主の食卓の場である 聖餐卓 を囲んで 座るようになっており、 家をあらわすようにしました。

 また、洗礼槽 は会衆から見えるようにしました
 聖餐卓が 聖餐を伴わない礼拝式においても、私どもを 一つに結ぶ 主のからだ と 血 を指し示すようになる のと同じく、 洗礼が行われない場合でも、私どもが 主の 死 と 甦り に 一つに合わせられている ことを 指し示すように なるためです。
 そして さらに、求道をしている方々が 洗礼槽を見ることによって、洗礼に向けて 心を定めるように なることを 願いました。

 礼拝堂の十字架は、「物」 としてはあらわれず、壁のタイルのコントラストで表現しています
 「物」 が表現する 強いけれども 固定されてしまう意味よりも、淡い色合いによって 表現することで、 それ自身は 言葉を持たないけれども、そこで 週ごとに新しく語られる 神の言葉の説教 と相まって、 変わりゆく人間の状況に 寄り添いつつ、いくつもの新しい意味づけが 生み出されてくることを 求めました。

 それと同じく ステンドグラスも、それ自身では 語り出しません。
 あえて 抽象的なデザイン を選び、見る者が 説教の言葉に触発され、新しい意味づけが そこに 生まれてくるように 考えました。
 吹き付ける 新鮮な聖霊の風 (緑の色調 : ヨハネによる福音書 第3章8節) と、 よどみなく流れる いのちの流れ (青の色調 : ヨハネの黙示録 第22章1節)。
 双方とも 固定された形を持ちません。
 不動の価値観が むしろ 人間の 激しい衝突を生んでいる中で、私どもは 自由な流れとして 不断に 人間に寄り添う 神の恵みを 想起したいと思います。

 したがって、この教会堂は それ自身では どれも成立しないのです。
 建物として完成しつつも、まだ言葉と出来事とを待っています。
 教会とは出来事です。
 その時々に語られる 神の言葉を聞いて、そこにあらわされる キリストのもとに 人間が結ばれるときに生起する出来事であることを忘れずに、 み言葉を 語り聞くわざと 互いに 仕え合うわざに 励みたいと思います。

2003年4月5日献堂式

牧師、教会員一同


礼拝堂の図


礼拝堂の図 : 説教卓・聖餐卓・座席の配置 がわかります

戻る

写真


礼拝式の様子 : 司式者の後に洗礼槽 と 十字架 (下半分) が見えます

戻る


礼拝堂正面 : 礼拝堂入口から見た十字架と講壇

戻る

   
ステンドグラスを見上げて撮影 : 左 東側窓 、 右 北側窓

戻る