Top Page       教会案内       礼拝動画 (YouTube)       音声による説教集       教会学校 パペット劇場 (YouTube)

ブログ    

牧師室の窓 宮崎 誉
Pastor's Room: Rev. Homare Miyazaki

更新日 2020年9月20日

       
2011年9月26-30日の震災ボランティア 遠野ベース     2011年10月24-27日の被災地ボランティア 一関ベース

          宮崎誉牧師・プロフィール(Profile)
 横浜に生まれる。母教会はインマヌエル横浜教会
高校生のときに友人たちの交通事故をきかっけに命の意味や人生の目的について問うようになる。心の旅路の中で、イエス様の十字架の愛と出会い救われ、聖書を学ぶようになる。高校卒業後に、アメリカのテキサス州にあるクライスト・フォー・ザ・ネイションズ聖書学校にて学ぶ。溢れる賛美と聖霊の働きの中で、心の癒しを経験していく。帰国後、聖書を深く学びたい思いから、東京聖書学院で学び牧師となる。日本ホーリネス教団東京聖書学院教会小林和夫牧師のもとで、副牧師として4年間の奉仕し、再び留学。東部メノナイト大学合同メノナイト聖書神学校にて、聖書学と平和神学を学ぶ。帰国後、ホーリネス教団の鳩山のぞみ教会の牧師となる。



書籍一覧(翻訳、編集、執筆)
Books (Writing, translating, Editing)
※ご注文は東宣社でなさってください。http://tosensha.holy.jp/
『るるくガリラヤ湖――ほのぼのアルバム』
(鳩山のぞみ教会ブックレット、2012年8月7日)非売品、  イエスさまや弟子たちが歩いたガリラヤ湖周辺を心のふるさととして、書いたコラム集。鳩山教会の創設記の牧師、千代崎秀雄先生の『聖書遊学記るるくイスラエル』に、あやかって『るるくガリラヤ湖』として、遊び心で書きました。プレゼント用の印刷は白黒でしましたが、カラーで見たい方のため、PDFファイルでご自由にどうぞ。A4の用紙1枚に2ページ印刷をすると、冊子のようになりますのでお試しください。
 『るるくガリラ湖』データ.pdf
『祈りの芽ばえ――東日本大震災ボランティア日記』
(鳩山のぞみ教会ブックレット プレイズ出版 2011年9月11日)定価150円
被災地ボランティアを継続する中で、痛ましい情景と出会い泥かきと心のケアの奉仕を続ける中で、心に響いてきた聖書と祈りの言葉を、ボランティア日記として書きました。言葉を失うところで、祈りの言葉は芽ばえていくことを、深く学ばせて頂きました。

*アマゾンでチェック  http://t.co/4TVwrraj
『説教をめぐる知恵の言葉・下――古代から現代まで』
R・リシャー編(キリスト新聞社 2011年)定価5000円
 2000年の神学を形づくってきた代表的な言葉にふれる!上下巻合わせて60名近い神学者たちの言葉を集めたキリスト教説教学資料集(帯より)。加藤常昭監訳、訳者、吉村和雄、宮崎誉他。
『福音の音色――ホーリネス信仰告白を響かせて』
(鳩山のぞみ教会ブックレット 2009年)定価400円
  日本ホーリネス教団の信仰告白文を、短く、分かり易く、30日の黙想として味わいます。信仰告白の言葉を、堅い言葉と感じる人が多いようですが、教理の言葉で信仰が練られると、試練によってしぼむのではなく、苦難のたびにしなやかに深まる、健康な信仰を養うことができます。洗礼を受けるころの学びにも、用いてください。
『心に届けよう!バイブルメッセージ
  ――子ども説教のための7つのStep』

錦織寛、宮崎誉共著、(日本ホーリネス教団教会学校研究会編、2009年)定価1000円
子どもミニストリーの説教準備の過程を、こびちゃん、アンナさん、カタル先生と一緒に、学ぶワークブックです。新CSスタッフ、信徒説教者の手引きとしても適しています。
『永遠のシャローム ――
  ホーリネスの礼拝で語られた「平和」』

(日本ホーリネス教団、2008年)定価1890円
和解による福音をテーマにした説教集。きよめの信仰を、社会的な広がりをもって、礼拝から現代に問いかける。

『説教塾ブックレット7 ホーリネス信仰と葬儀説教』
(キリスト新聞社、2008年)1800円
ホーリネス信仰における、葬りと福音の言葉を考える。6つの葬儀説教(ウェスレー、中田重治、村上宣道他)も、掲載されている。
『敵対から共生へ−−平和づくりの実践ガイド』
ジョン・P・レデラック著、水野節子/宮崎誉 共訳 (東京ミッション研究所、2010年  Yobel)定価1000円、コンフリクトを解決すべき害悪と考える常識を破り、平和をつくり出す筋道を描き出す。紛争の現場で平和活動に従事し、アメリカのノートルダム大学、東部メノナイト大学)で平和形成の理念構築に情熱を傾けるレデラック氏の書物 (帯より) 
レデラック氏の動画(Youtube)    http://www.youtube.com/watch?v=HbAo8ql9rtU
『説教学ジャーナル Vol.1』
(日本宣教学会、2007年)定価2000円、2007年に発足した日本宣教学会による学会誌の一巻目。宮崎牧師はハワード・ゼア著「修復する正義――修復的司法を教会で実践するために」の翻訳担当。赦しと癒しの共同体を目指す教会の良きガイド。
ハワード・ゼア氏の動画(Youtube)    http://www.youtube.com/watch?v=SSGtp6KogL8

『立ち上がり、歩きなさい』説教塾の塾生50名以上による説教集
(教文館、2008年)定価2400円、「イエス・キリストを紹介し、なお力ある慰めの言葉を語るために、「説教塾」で学び続ける牧師たちの説教集。聖書を語り、ただひたすらに主イエスを指し示すことに集中した説教56篇を収録。(帯より引用)

『受け継ごうきよめの恵み――箱根聖会60周年記念』
(日本ホーリネス教団聖会委員会編、定価400円)新しい世代にきよめの恵みを判りやすく伝える良書が、箱根聖会60周年を記念して出版されました。三つの聖会説教(郷家一二三牧師、中道善次牧師、錦織寛牧師)と聖化の証しが載っている。(編集実務:宮崎)
『和解を紡いだ12年「戦争責任告白」からの歩み【資料集】』
1997年の第34回教団総会で日本ホーリネス教団が戦争責任告白を出した。それから、12年、悔い改めの心と和解・平和を求める働きを続け、その記録がこの書物である。
福音による和解委員会編
『紀要・説教第12号』
(教文館、説教塾編) 説教の刷新運動を担う説教塾が、毎年出版している共同研究の論集。宮崎牧師の「御前で聴き語る伝道説教ーーホーリネスの説教の霊性をさぐりつつ」という論文が掲載されている。
『福音主義神学第41号』
(日本福音主義神学会、2010年)
投稿論文「ヨハネの福音書の第一過越物語(2〜4章)の集中構造的解釈」が掲載された。


エッセイ・発題・論文

 
説教塾Web、2009年11月、宮崎牧師の発題

<説教塾読書会、代田教会(会場)、2010年10月>

後列 藤原導夫、金田佐久子、小川洋二、宮崎誉、上田好春
前列 ジム・ピーターソン、五十嵐成見、加藤常昭、吉村和雄、平野克己

*R・リシャー『説教の神学』、T・ロング『The Witness of Preaching』の訳者との討論をしている。

     説教から (宮崎牧師・高橋誠牧師が書かれたものを掲載)    
 2007年12月3日 更新
主日礼拝式において、牧師が語った説教の要旨です。
礼拝式を休まれた方、説教のエッセンスをかみしめたい方はご覧下さい。


 礼拝式を豊かに  高橋誠牧師 (全43回 掲載)
 教会の働きの中心である礼拝を、私たちの教会ではどのように考えるか、
それを明確にするために週報に連載したものをまとめたものです。
私たちの礼拝式の手引きです。


     新会堂 献堂に よせて    
2004年8月20日 更新
 2002年12月に新会堂が完成、2003年4月5日に 献堂しました。
 新会堂建築委員会で話し合った信仰が 会堂の設計に表されています。
献堂式における、表明文章を掲載しています。


2009年 御言葉 (テーマ聖句)
「キリストの言葉を、あなたがたの内に豊かに宿らせなさい。
そして、知恵をつくして互に教えまた訓戒し、
詩と賛美と霊の歌とによって、感謝して心から神をほめたたえなさい。」
(コロサイ人への手紙 3:16)


 過去のテーマ聖句

2008年 御言葉 (テーマ聖句)
「いつものように今も、大胆に語ることによって、生きるにも死ぬにも、
私の身によってキリストがあがめられることである」

(ピリピ人への手紙 1:20)


2007年 御言葉 (テーマ聖句)
「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」
(マタイによる福音書 28:20)